インドネシア

産地情報

indonesia01

インドネシアの森林面積は日本の約4倍(約9500万ha)で、豊富な木材資源を有する国です。
国土の約50%を占める森林を有するインドネシアでは、植林の育成も近年盛んに行われております。
その一方で、天然林の管理においても、世界的な環境規制を背景に各地域で厳重化が図られており、各認証機関による森林の資源管理が徹底されています。
今でも径の大きい良質丸太が出材される土地を有しており、今後の南洋材の付加価値化に伴い、この国における新たな重要天然資源の一つとなる事が予想されます。
世界を見渡しても良質で表面性に優れた木材が出材出来る地域は、他にはありません。

産地新着情報

産地情報は只今準備中です。

取り扱い品目紹介

ラワン合板・製材

indonesia02
indonesia03

インドネシアの森林面積は日本の約4倍(約9500万ha)で、豊富な木材資源を有する国です。
国土の約50%を占める森林を有するインドネシアでは、植林の育成も近年盛んに行われております。
その一方で、天然林の管理においても、世界的な環境規制を背景に各地域で厳重化が図られており、各認証機関による森林の資源管理が徹底されています。
今でも径の大きい良質丸太が出材される土地を有しており、今後の南洋材の付加価値化に伴い、この国における新たな重要天然資源の一つとなる事が予想されます。
世界を見渡しても良質で表面性に優れた木材が出材出来る地域は、他にはありません。

木材・部材紹介

南洋材の中でも良材が取れることで知られているます。内装材や家具用材、床材等の高規格品に使用される事が多く、南洋材ならではの木味を生かす商品として多く流通しています。他の南洋材の産地に比べて、良質丸太が出材される事がまだ多く、製材の生産が多いのも特徴です。直径が1mを超えるような大径級丸太が未だに出材されてくるのが、インドネシアの特徴ともいえます。これらは合板工場、製材工場に運び込まれ、それぞれ工場が有する貯木場に保管されます。各工場で生産される商品は、樹種や丸太の大きさにより、それぞれの生産ラインに振り分けられていき、最終用途に適した商品が各工場で産み出されていきます。